【成田悠輔のAIと仕事論】AIが変える未来の仕事と私たちの生き方

AI
この記事を書いた人
hana

1988年生まれ
フリーランスでWEBマーケ関連の制作をしています。1歳児女の子のママ。
孫正義氏のAGIに関する講演に触発され、のんびり勉強中。

hanaをフォローする

こんにちは、hanaです。

時々頭が良くなったような錯覚になれるので成田悠輔さんの動画を見ることがあるのですが、

その中でもこちらの動画がおもしろかったので

成田悠輔さんの考えを紹介しつつ、AIと仕事の未来について考えてみたいと思います。

AIがもたらす仕事の変化

成田さんは、AIの発展に伴っていくつかの仕事がなくなる可能性があると指摘しています。

例えば、ライターや放送作家などのクリエイティブな職業は、AIが文章や脚本を自動生成できるため、厳しい状況に置かれるかもしれません。

成田さんは、「普通のライターさんの仕事はもう全部自動化できる」と述べており、

これからの時代において、人間が果たすべき役割が変わっていくことを示唆しています。

AIと共存するための新しい仕事

一方で、AIの進化により新たな仕事も生まれます。

例えば、AIが生成する情報をチェックする人や、AIのシステムを管理する人が必要となります。

また、成田さんは「AIと人間の間の通訳」や「データ探偵」など、

新しい職種が登場する可能性もあると述べています。

これらの仕事は、AIが得意とする分野を補完し、人間ならではの強みを活かすことができる役割です。

AIがもたらす働かない未来?

成田さんは、AIの発展によって「働かなくてもいい世界」に近づいているとも語っています。

これは、人間がもっと自由に、自分の好きなことに時間を使える未来を意味しています。

AIが多くの仕事を代わりに行うことで、人間はより創造的な活動や趣味に時間を費やすことができるようになるでしょう。

この点について、

成田さんは「元々の人類の夢はAIたちが働いてくれて、自分たちは好きなように生きていくこと

と述べています。

まとめ

成田悠輔さんのAIと仕事論は、私たちに多くの示唆を与えてくれます。

是非、お時間のある時に動画も見てみてください。

AIがもたらす仕事の変化に対して、私たちは新しい役割を見つけ、適応していく必要があります。

また、AIを活用することで、私たちの生活がより豊かになる未来が待っているのです。

これからもAIの発展を見守りつつ、自分自身のスキルを磨いていきたいと思います。

今後も当ブログでは、最新のAI技術や仕事の効率化に役立つ情報を発信していきますので、ぜひご期待ください。

お読みいただき、ありがとうございました。

以上、hanaでした!

タイトルとURLをコピーしました