AI時代の仕事と競争

AI
この記事を書いた人
hana

1988年生まれ
フリーランスでWEBマーケ関連の制作をしています。1歳児女の子のママ。
孫正義氏のAGIに関する講演に触発され、のんびり勉強中。

hanaをフォローする

こんにちは!hanaです。
今日は皆さんが興味を持つかもしれない、AIと人間の仕事についてお話ししたいと思います。
ちょっと難しい話もあるけど、一緒に楽しく学んでいきましょう!

AIと人間の競争:

最近、NVIDIAのCEOが言ったことがとても気になります。

多くの人は自分の仕事をAIに奪われると考えますが、そうではなく、
AIに精通している人に仕事を奪われる。

ということを話しています。
AIは、いろいろなことができるようになるけど、AIを使いこなせる人がもっと大切になるんですね。

経営戦略としてのAI:

AIの影響は、ただ一人の人が仕事をする能力を上げるだけじゃないんです。
会社の経営や、もっと大きな経済全体にも影響するんです。
会社の社長さんたちも、AIをうまく使うことが大切だと考えているんですよ。

経営者のAI理解の重要性:

AIをうまく使える経営者は、これからの時代にとても強くなれます。
でも、AIのことをよくわかっていないと、会社に大きな差がついてしまうでしょう。
だから、大人たちはAIについて学ぶことがとても大切なんです。

AIのビジネスへの応用

AIは、広告のバナーやデザインを自動で作ったりするのにも使われています。
これは、クリエイティブな仕事にもAIが役立っているってこと。
AIがいろんな仕事で使われるようになっているんですね。

AIとDXの関係

DXって、デジタルトランスフォーメーションの略で、会社の仕事をデジタルで新しくすることを言います。
AIはDXの一部として、お客さんの体験を変えたり、仕事を自動でやったりするのに役立っています。

参考動画:PIVOT公式チャンネル

この話は、Kaizen Platformの代表、須藤 憲司さんがYouTubeで話していたことです。
とても興味深い内容でした。

AI時代にはいろいろなことが変わるけど、学び続けることが大切ですね。
これからも一緒にAIの世界を探検していきましょう!
それでは、また次の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました