生成AIで変わる未来の仕事と影響

AI
この記事を書いた人
hana

1988年生まれ
フリーランスでWEBマーケ関連の制作をしています。1歳児女の子のママ。
孫正義氏のAGIに関する講演に触発され、のんびり勉強中。

hanaをフォローする

こんにちは、hanaです。

AI技術の進化が社会にどのような影響を及ぼすのか、特に仕事のあり方がどのように変わるのかについて、

今回は東大のAI研究者、今井翔太さんの著書『生成AIで世界はこう変わる』(SB新書)を参考に、具体的な例を交えながら解説していきます。

生成AIとは何か?

生成AIとは、人間のように新しい文章を作り出したり、画像を生成したりするAI技術のことです。

例えば、OpenAIが開発したChatGPTなどがその代表です。

この技術は、単なる情報検索やデータ処理を超えて、創造的な作業にも応用できるため、幅広い分野での利用が期待されています。

生成AIが影響を与える仕事

影響を受ける仕事

生成AIは、特にホワイトカラーの職業に大きな影響を与えます。

これには、文章を書くライター、データ分析を行うアナリスト、そしてプログラムを作成するエンジニアなどが含まれます。

これらの仕事は、生成AIによって効率化され、人間の労力を大幅に削減することができます。

例えば、ChatGPTは数秒で記事を書いたり、プログラムのコードを生成したりすることができます。

これにより、企業はコスト削減ができる一方で、これまで人間が行っていた仕事が減少する可能性があります。

影響を受けにくい仕事

一方で、生成AIの影響を受けにくい仕事もあります。

これには、手作業を伴う肉体労働や、高度な対人スキルが必要な職業が含まれます。

例えば、大工や看護師、教師などです。

これらの職業は、人間の感情や直感、そして個別対応が求められるため、現時点ではAIによる完全な代替は難しいとされています。

 現実的な実例

ライターの仕事

ライターの仕事は、生成AIの影響を強く受けています。

例えば、ブログ記事の執筆やニュース記事の作成など、定型的な文章作成の部分はAIが簡単にこなします。

実際に私も、ブログ記事のアイデア出しや初稿の執筆にChatGPTを利用することで、大幅に時間を節約しています。

カスタマーサポート

カスタマーサポートも、生成AIの影響を受けている分野の一つです。

チャットボットを利用することで、24時間365日対応可能なサポートが提供でき、顧客満足度が向上しています。

これにより、人手を減らしつつ、効率的なサービスが提供できるようになっています。

 AI技術と教育の未来

AI技術は教育分野にも大きな変革をもたらしています。

アダプティブラーニングと呼ばれる、一人ひとりの学習スタイルに合わせた個別最適化された学習が可能になり、従来の一斉授業とは異なる新たな学習の形が生まれています。

これにより、学びの機会が平等に提供される社会が期待されています。

批判的視点

雇用の喪失

生成AIの導入により、一部の職業が失われるリスクがあります。

特に、ホワイトカラーの仕事が自動化されることで、多くの人々が職を失う可能性があります。

この点については、社会全体での対応が必要となります。

不平等の拡大

AI技術の普及に伴い、技術へのアクセスや利用が限られた層に集中することで、不平等が拡大するリスクがあります。

これに対する対策として、教育やトレーニングの機会を広く提供することが重要です。

プライバシーと倫理

AIの利用には、プライバシーや倫理の問題も伴います。

個人情報の取り扱いやAIの判断の透明性など、法的・倫理的な枠組みの整備が求められます。

まとめ

生成AIは、私たちの仕事や生活に大きな変化をもたらす技術です。

その影響を正しく理解し、適切に対応することで、より豊かな未来を築くことができます。

今井翔太さんの著書『生成AIで世界はこう変わる』は、生成AIがどのように社会を変えるのかを具体的に示しており、非常に参考になります。

これからも当ブログでは、最新のAI技術やその活用方法について発信していきますので、ぜひご期待ください。お読みいただき、ありがとうございました。

以上、hanaでした!

タイトルとURLをコピーしました