生成AIが切り開く未来: 東京大学・今井翔太教授の視点から

AI
この記事を書いた人
hana

1988年生まれ
フリーランスでWEBマーケ関連の制作をしています。1歳児女の子のママ。
孫正義氏のAGIに関する講演に触発され、のんびり勉強中。

hanaをフォローする

こんにちは、hanaです。

今回は、PIVOT公式YouTubeチャンネルで放送された、東京大学の今井翔太教授による「生成AI以後の仕事」についての内容を基に、生成AIが社会、特に働き方にどのような影響を与えるかについて考察します。

今井教授の洞察は、AI技術の進化が私たちの未来にもたらす可能性について、貴重な示唆を提供しています。

生成AIの誤解を解消

今井翔太教授は、多くの人が生成AIに関して持っている誤解を明らかにし、その正しい理解を促しています。

生成AIの社会への影響は非常に大きく、その影響は人類の歴史を

「生成AI以前」と「生成AI以後」に分けるほどだと指摘しています。

紀元前と紀元後みたいで非常にワクワクしてきました。

この深い洞察は、私たちがAIと共生する未来をどのように構築すべきかを考える上で非常に重要です。

高収入の仕事ほどAIの影響を受けやすい

高度な教育を受け、高いスキルを持つ人々が従事する仕事ほど、AIによる自動化の影響を受けやすいと今井教授は指摘します。

これは、AIの能力が特に専門知識を必要とするタスクの自動化に適しているからです。

この事実は、将来にわたってキャリアを考える上で、私たちがどのようなスキルを身につけ、どのように自分を位置付けるかを考える上で重要な示唆を与えます。

士業や独創的な仕事の強み

専門的な知識や独創性を要する職業は、AIに取って代わられにくいと今井教授は強調します。

この視点から、極端なアイデアや独創的な仕事に挑戦することが、AIの時代においても重要な価値を持つことが示されます。

これは、将来に向けて私たちがどのようなキャリアを追求すべきかを考える際の重要なヒントとなります。

教育とスキルの重要性

今井教授は、2、3年後の教育では、AIの時代に対応するための新しいスキルや思考方法の教育が重要になると指摘しています。

これにより、スキルや能力による格差が社会においてより顕著になると予測しています。

教育が未来の社会においてさらに重要な役割を果たすことは間違いありません。

世代ごとの影響の違い

生成AIによる社会変化が世代ごとに異なる影響を与えるという今井教授の指摘は、特に若年層や学生にとって重要です。

将来のキャリア選択において、AIの影響を強く意識する必要があります。

この視点から、新しい技術やトレンドに適応する能力の重要性が強調されます。

今井翔太教授の示唆に富んだお話は、生成AIが私たちの働き方や生活にもたらす変化を理解する上で、非常に価値があります。

AIの進化に伴い、私たちは新しいスキルを身につけ、柔軟な思考を持つことが求められます。

未来を切り開くためには、AIのポテンシャルを最大限に活用し、その変化に適応する姿勢が不可欠です。

タイトルとURLをコピーしました